今回は「ごぼう」の栄養や下ごしらえのコツや選び方などちょっとした豆知識をご紹介していきたいと思います。

 

ごぼうの栄養と下ごしらえのポイント

日本ではいろいろな料理においておなじみの「ごぼう」ですが、豊富な食物繊維が腸内環境を整えて、余分な物質を排除してくれる働きがあり食物繊維が不足しがちな現代人にはうれしい野菜です。

ごぼうの泥や汚れはタワシでこすり洗いしたら、香りや旨味のある皮にも食物繊維がたっぷり含まれているので、皮は包丁の背で軽くこそげ落とす程度にするのがおすすめです。
またごぼうに含まれる食物繊維は、切り口が大きいほどよりたくさんとれるので、ささがき(皮をこそげ落としたごぼうを回しながら包丁を寝かせて端から削るように薄く切る方法。漢字で笹掻きと書き、笹の葉の形のように切り落とします。)するのが良いです。また切った後のアク抜きは5分を目安にし、しすぎないように注意して下ごしらえすると良いですね。

 

ごぼうを食べる習慣は日本だけ?

ごぼうは、独特の食感と香りの良い野菜ですが、食用としている国は日本や韓国のごく一部で世界でもわずか!
欧米人にとっては木の根を食べていると驚かれるとか…
しかし、近年では栄養や健康によいことから韓国や台湾でも食されているそうです。

 

ごぼうの保存方法

泥付きのごぼうの場合は洗わずに新聞紙に包んで冷暗所で立てて保存し、洗いごぼうやカットした使いかけのものはラップで包み冷蔵保存すると良いです。但し2~3日で使い切りましょう。

土の中で育つ根菜やイモ類などは、大地の恵みをたっぷりと含みとても深い味わいのある野菜です。

また、野菜には、緑色、赤色、黄色、紫色、白色いろいろな色があります。野菜の鮮やかな色彩も楽しみながら、野菜をとってみてくださいね。

いろいろな野菜を使った野菜ブーケはこちら

IMG_8531

あなたも野菜ブーケを大切な方へプレゼントしてみませんか?

ベジィデザインでは、富山県で採れた

新鮮なオーガニック野菜などをベースにブーケを作り

全国にクール便でお届けしています。

あなたの大切な方の記念日などのお祝いに、

野菜ブーケをプレゼントしてみませんか?

数日飾ったあとは、料理して美味しく召し上がれます。

※下記のバナーをクリックしてオンラインストアをご覧ください。

IMG_8531