今回は、山菜の王様とも呼ばれている「たらの芽」についてお話ししたいと思います。

たらの芽とは、春に「たらの木」の先端に出る若芽のことです。

3月から4月が旬で、春を伝える食材として人気のある山菜です。

良質なたんぱく質やβカロテン、ビタミンEを多く含み老化防止に効果があり、栄養も高く独特の香りもあり食欲をそそります。

 
▽たらの木(ウコギ科タラノメ属・落葉低木)

 

▽富山産の「たらの芽」
良質のものは、鮮やかな緑色で、茎がふっくらして、芽の先端が少し開いたものを選ぶと良いです。
芽の先が伸びすぎていると苦みやえぐみが増してきます。また、あまり日持ちするものではないので、新鮮なうちにお召し上がりいただくのが良いです。(保存するときは、新聞紙で包み鮮度保持袋(穴の開いた野菜保存用の袋)に入れて冷蔵が良いです。)

生のまま天ぷらにして食するととても美味しいですね。
それ以外に調理する場合は、まず、茶色の固いハカマ部分を外し皮を剥き水につけてアク抜きをして、2-3分塩茹でします。それからパスタの具や炒め物、和え物などに料理すると良いです。

 

▽たらの木には棘があり、棘の多さで「男たら」、「女たら」に分けられます。
写真のたらの芽は、棘がなくキレイな表皮をしているので「女たら」です。市場に出回るものの多くは「女たら」だそうです。


旬の野菜を使った野菜ブーケはこちらをクリック

 

あなたも野菜ブーケを大切な方へプレゼントしてみませんか?

 

IMG_8531

ベジィデザインでは、富山県で採れた

新鮮なオーガニック野菜などをベースにブーケを作り

全国にクール便でお届けしています。

あなたの大切な方の記念日などのお祝いに、

野菜ブーケをプレゼントしてみませんか?

数日飾ったあとは、料理して美味しく召し上がれます。

※下記のバナーをクリックしてオンラインストアをご覧ください。

IMG_8531