今回は、先日定植した「ブルーマロウ(ハーブ)」について紹介します。

水色、紫色、ピンク色と3色に変化するハーブティー「ブルーマロウ」をご存知でしょうか?

ブルーマロウは、コモンマロウの亜種です。
また、「うすべにあおい」や「ゼニアオイ」と呼ばれているハーブの近縁種で、日本のガーデナーにとても人気です。

コモンマロウは、ヨーロッパと西アジア、北アメリカが原産の多年草で道端や原野に自生し、フランスやローマでは古くから薬用として栽培され、気管支炎や風邪を患った方に処方されていたそうです。

ブル-マロウ(アオイ科、耐寒性多年草)
日当たりと水はけのよい越えた土壌を好み、挿し木も可能。但し、株が大きくなるため、容器栽培には向きません。
寒さには強く、地上部は枯れるが、株は枯死せず、翌春には新芽がでてきます。

 

▽ブルーマロウの花
このハーブの開花期は初夏から秋です。
花びらは特徴的で幅広でベルベット状をし、濃いピンク色から紫色の花を咲かせます。

花言葉は、「魅力的」「熱烈な恋」「やさしさ」です。(生まれ持って魅力的な美しさや個性的な花姿にふさわしい花言葉ですよね。)

ブルーマロウの最大の特徴は、3色に変化することです。花はハーブティーとして利用されています。
花びらをお湯に浸すと透き通った海のような綺麗な水色から時間がたつと薄紫色になり、レモン果汁を数滴加えると優しいピンク色に変わり、まるで魔法にかかったようなハーブです。また、深い青色があざやかな赤色に移り変わる様が夜明けの空の変化に似ていることから「夜明けのハーブ」とロマッチックな名前でも呼ばれています。

 

▽この他に定植したハーブについては次のブログで引き続き紹介していきます。
(今春はまず6種のハーブの苗を購入しました。)

 

ブルーマロウの綺麗な花が咲いたら、野菜ブーケに使用する予定です。お楽しみに!

旬の野菜を使った野菜ブーケの詳細については下記のバナーをクリックしてご覧ください。

 

あなたも野菜ブーケを大切な方へプレゼントしてみませんか?

IMG_8531

ベジィデザインでは、富山県で採れた

新鮮なオーガニック野菜などをベースにブーケを作り

全国にクール便でお届けしています。

あなたの大切な方の記念日などのお祝いに、

野菜ブーケをプレゼントしてみませんか?

数日飾ったあとは、料理して美味しく召し上がれます。

※下記のバナーをクリックしてオンラインストアをご覧ください。

IMG_8531