今日は、毎年7月31日に滑川市の和田の浜(ほたるいかミュージアム裏)で行われている【ネブタ流し(国指定重要無形民俗文化財に指定)】を見てきました。

ネブタ流しとは、木で組んだやぐらの上に飾り物やキュウリやナスなどの野菜を刺した「ネブタ」と呼ばれるたいまつを立て、それに火をつけて燃え盛るネブタを海へ流すとともに眠気や病気を海へ流し去り、厄除けや無病息災を祈願する滑川の夏の風物詩ともいえる年中行事です。

ネブタ流しの様子を写真で紹介いたします。

▽数mあるネブタを海に流し入れる様子

 

▽長い竹を使ってネブタに火をつけている様子(写真真ん中、白足袋を履いた男性にご注目ください。)

 

▽バチバチッと大きな音を立てて火花が飛んだり、ネブタが燃えて崩れるたびに大きな歓声が上がっていました。

 

▽観光船キラリンに乗って海上からネブタ流しを満喫されている方々もいらっしゃいました。
(乗船料金1,200円を支払い事前申し込みをすると、ネブタ流し観覧クルーズができたようです。)

 

▽陸上ではやぐらに縛ったロープをしっかりと引っ張っている人たち。海上では「熱い、熱い」と言いながら燃え盛るこの火祭りを盛り上げている方々。おつかれさまです!

 

 

▽ネブタが完全に燃え尽きるまで火祭りは終わりません。

 

▽飾り物と一緒にキュウリやナスなどの野菜が刺してあるのがわかりますか?

 

 

▽ド迫力と威勢のある青森ねぶた祭とは内容が異なりますが、夕日をバックに限られた時間にしか見られない滑川ネブタはとても美しいです!


ネブタ流しが行われていた裏手には、開館20周年を迎えた「ほたるいかミュージアム」があります。

ミュージアム20周年限定の夏休みイベントの開催や、ミュージアム1階にある「みちcafe wave」ではほたるいかバーガーやほたるいかフライ、ほたるいかソフトクリーム、深層水かき氷などが販売され、2階にはレストランもあります。

また、8月11日(土)・12日(日)にはベトナム・ランタンまつりinなめりかわ2018が開催されますので、ぜひ滑川へお越しくださいね。

それから富山県を代表する祭りと言えば、毎年9月1日から3日にかけて「おわら風の盆(富山県富山市八尾地区)」があります。また、9月になるとむぎや祭や富山ならではの「ささら」を鳴らしながら民謡を披露するこきりこ祭りなど優雅なお祭りが続きます。

多くの方々に富山県に遊びにお越しいただきたいと思っています。

こちらのブログで富山の祭りや素敵な観光スポットなどを今後も紹介していきますので、引き続きブログをぜひご覧ください。

******************

ベジィデザインでは、富山県産の新鮮なオーガニック野菜などをベースに野菜ブーケを作り全国にクール便で発送しています。詳細は下記のバナーをクリックしてご覧ください。

あなたも野菜ブーケを大切な方へプレゼントしてみませんか?

IMG_8531

ベジィデザインでは、富山県で採れた

新鮮なオーガニック野菜などをベースにブーケを作り

全国にクール便でお届けしています。

あなたの大切な方の記念日などのお祝いに、

野菜ブーケをプレゼントしてみませんか?

数日飾ったあとは、料理して美味しく召し上がれます。

※下記のバナーをクリックしてオンラインストアをご覧ください。

IMG_8531