食べるブーケ・野菜ブーケを贈り物にいかがでしょうか?

印象に残る、ひと味違ったギフトにいかがですか・・・

> ブーケ購入はこちらから

お祝いごとや年中行事(ハロウィン、収穫祭、クリスマス)の時は、いつもと違った雰囲気でお部屋を彩る野菜ブーケを贈ってみませんか?飾ってみませんか?

 

▽野菜ブーケ(ハロウィンアレンジ)

贈るブーケ②

 

贈るブーケ③

 

贈るブーケ①

 

今日は、昔から伝わる「野菜をお供えする・飾る」について話をしたいと思います!

当たり前のように飾っている七夕やお盆にお供えする野菜の由来って何でしょう?どうしてでしょう?

日本に昔から伝わる年中行事はいくつもあり、七夕、お盆には野菜をお供えしますね。由来もいくつかありますが、織り姫様と織り姫の二人の神様は天と水、織物の神様です。

七夕の日にその時に一番おいしいものをお供えするとその年の豊作や織物をはじめとする手芸が上手になるといわれています。

7月においしい農作物といえば、夏野菜のトマト、キュウリやナスですね。一度お供えした野菜は神様の食べ残しなので神様の力が宿っています。お供えのあとはナスやキュウリに願い事をしながらおいしくいただきましょう。

 

富山県高岡市福岡町には、とてもユニークなお祭りが300年以上も続いています。

富山県「つくりもんまつり」は江戸時代より300年以上続く富山県高岡市福岡町市街地一円で、毎年9月23日・24日に行われる野菜や果物などを用いて人形などを作り、五穀豊穣を祈願する素朴で趣向を凝らした奇祭。

実りの秋一色に染まるこの奇祭は、秋の収穫祝い、感謝するためのお祭り。もともとは地蔵盆に秋の収穫物をお供えしたところから始まっているようですが、長い歳月のなかで、供えられた野菜や草花は姿をかえて「つくりもん」となり、趣向が凝らされた庶民芸術となっています。

ぜひお出かけになってみてください!

2016年9月23日(祝)~9月24日(土)2日間開催 http://www.info-toyama.com/event/20055/

 

「秋といえば」・・・読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋、実りの秋・・・

もっと身近に野菜を贈って、飾って、食べて、味覚の秋をいっぱい楽しみましょうね。

野菜のお話・魅力、食べるブーケ・野菜ブーケなどご紹介していきますね。またこちらのブログを見にきてくださいね!