今日は、ナスを使った煮込み料理「カポナータ(イタリア語:Caponata)」の作り方をご紹介します。

その前に、「カポナータ(イタリア語:Caponata)」と「ラタトゥイユ(フランス語:ratatouille)」はどこが違うのでしょうか?

同じトマト煮込み料理で国によって単に呼び方が違うってことでしょうか?

「カポナータ」は、ナスをオリーブオイルで素揚げをして、白ワインビネガー(酢)で甘酸っぱいトマトソースで煮込んだイタリアシチリア島及びナポリの伝統料理。

▽カポナータ
12

(材料)(2人分)

オリーブオイル 大さじ1
にんにく 1片
ローリエの葉 1枚
玉ねぎ 1/4個
黄と赤のパプリカ 1/2個分
ピーマン 1個
マッシュルーム 7-8個
ナス 1本
ズッキーニ 1/2本
トマト缶 1缶
塩 小さじ1/4
白ワインビネガー 小さじ1
バジルの葉 お好みで2-4枚ぐらい
揚げ油

※酸味の強い味がお好みの場合は、ビネガーの量を増やし、砂糖を加えてさらに調整してみてください。

(作り方)

1.玉ねぎ、パプリカ、ナス、ズッキーニは食べやすい大きさに切る。
2.ナスは軽く素揚げをする。
3.鍋にオリーブオイルをいれ、皮を剥きつぶしたにんにくを入れて香りが出るまで弱火にかける。
4.香りがたったら、ナス以外の1の野菜とマッシュルームを加えてしんなりするまで中火で炒める。
5.トマト缶、白ワインビネガー、ローリエを加えて煮詰める。具量が半量になったらナスを加え、塩、ちぎったバジルを加えて味を調整する。
これで、できあがり!

 

▽かぼちゃのマリネとフレッシュサラダ(トレビス、レタス2種、赤大根)

   トレビスを使った野菜ブーケはこちらをクリック▷http://veggydesign.jp/blog/post3534.html
11

ナスを揚げて調理するのがカポナータ。ラタトゥイユは、オリーブオイルで野菜を炒めてローリエなどと一緒に煮込む料理。

どちらも野菜が美味しい料理ですね。

 

毎年11月第3木曜日は、ボジョレー・ヌーボー解禁ですね!

フランス・ブルゴーニュ地方のボジョレーで生まれる赤ワインの新種の解禁日!

次は、ラタトゥイユの作り方や、ワインにあうカナッペなどのおつまみやサラダなど作ってご紹介しますね。

おいしい料理と一緒に、野菜ブーケを飾って、野菜をおいしく楽しんでいただきたいです!

 

ベジィデザインでは、富山県で採れた

新鮮なオーガニック野菜などをベースにブーケを作り

全国にクール便でお届けしています。

あなたの大切な方の記念日などのお祝いに、

野菜ブーケをプレゼントしてみませんか?

数日飾ったあとは、料理して美味しく召し上がれます。

IMG_8531