イタリア料理やフランス料理でよく使われている西洋野菜が、どんどん身近になってきていて、最近では県内の種苗専門店でも苗が販売されています。

ロマネスコは、9月~10月に定植するのが基本だといわれています。
そこで、9月に我が家の畑に苗を植え、11月中下旬から、気温(気温5度以下でも生育する)の低下とともに、葉の枚数がどんどん増えてきて、生育は順調に進んでいます。
(初めて栽培をしてみたので、)どんな風に成長するのか、毎日見るのが楽しくて、現在の畑のロマネスコの様子を動画でご紹介します。

▽下記をクリックしてご覧ください。

 

ロマネスコは、葉の枚数が多くて、茎が太くなるほど、収穫期の花蕾は大きくなると農家さんからお聞きしたので、畑作業をしている際に、横を通るときにポキッと葉はとても折れやすく注意が必要です。

 

▽ロマネスコ
%ef%bc%9115078887_817945454975473_3640420216228501671_n

 

ロマネスコの花蕾(からい)は、黄緑色で、表面は貝殻状の渦巻きのその形状から別名を「やりがい」「珊瑚礁」と呼ばれることもあります。

この形状から面白い、キレイと感じる人と、ややグロテスクに感じる人と印象は2つに分かれるでしょうか?

食べると、食味はブロッコリーに近く、かすかな甘味があり、生食あるいは、花蕾をナイフで切らずに手で折り、さっと茹でて食べるととても美味しい野菜です。スープ、グラタン、パスタなどいろいろな料理にもあいますね。

 

▽ロマネスコと、コールラビ(左下)
2

 

▽6月下旬頃に写真撮影した西洋野菜(左端:ロマネスコ、下:花ズッキーニ)
3

 

ズッキーニ(ウリ科カボチャ属、和名:つるなしかぼちゃ)。ズッキーニの幼果は「花ズッキーニ」として詰めものをしてメレンゲでフリットにしたり、花をエディブルフラワー(食用花)として飾ったり、食べたりすることができます。

 

▽6月下旬頃に写真撮影した西洋野菜(右端:アーティーチョーク)
4

 

▽6月下旬頃に写真撮影した西洋野菜
5
マルシェや青果店に行くと、おもしろい形の西洋野菜などが販売されています。

いろいろな野菜を見るだけでも面白いです。野菜をもっと見て楽しみ食べて楽しみましょう!

あなたも大切な方へのお祝いに野菜ブーケを贈ってみませんか?
野菜を束ねてつくった野菜ブーケはこちら ▷ https://toyamayasai.stores.jp/

IMG_8531

ベジィデザインでは、富山県で採れた

新鮮なオーガニック野菜などをベースにブーケを作り

全国にクール便でお届けしています。

あなたの大切な方の記念日などのお祝いに、

野菜ブーケをプレゼントしてみませんか?

数日飾ったあとは、料理して美味しく召し上がれます。

※下記のバナーをクリックしてオンラインストアをご覧ください。

IMG_8531