冬といえば鍋!野菜も魚などもおいしい時期には鍋料理!あなたはどんな鍋がお好みですか?

今日は、地元の富山の魚と旬の野菜をたっぷり使ったブイヤベース風鍋のレシピをご紹介します。

香味野菜などと魚介類を煮込んで、栄養と旨味を堪能できる【ブイヤベース】は、南フランスの漁師町や地中海沿岸地域の代表的な料理です。

ブイヤベースと聞くより、日本の「海鮮寄せ鍋」風のごちそう鍋と言えば、作ってみようかな、って思いますか?

魚、貝、海老などの魚介類と、香味野菜のセロリや、玉ねぎなど野菜たっぷり使って、にんにく、赤唐辛子、サフランで色と香りをつけた鍋です。

(材料)2-3人分
・有頭海老 4-6尾
・あさり(殻付き) 200g
・タラ(生) 2切
・玉ねぎ 1/2個(約120g)
・セロリ 1本(約80g)
・ニンジン 1/2本(約80g)
・大根(小)1/2本(約80g)
・しめじ 1/2袋(約80g)
・にんにく 1片
・赤唐辛子 1本
・サフラン ひとつまみ
・塩・こしょう 適量
・オリーブオイル
・白ワイン 200cc
・水 200cc

(作り方)
下記のとおり
▽富山県産「タラ(生)」
7

 

①玉ねぎはスライスし、ニンジンと大根は短冊切り、セロリは茎の部分のスジをとってからスライス、セロリの葉は食べやすい大きさにカットします。しめじは石突きを取り除き、にんにくはみじん切り、赤唐辛子は半分に切って中の種を取り除きます。

6

 

②オリーブオイルを熱した鍋に、にんにく、赤唐辛子を炒めて香りがたったら、①のセロリの葉以外を加えてしんなりするまで炒めます。

5

 

③②の野菜がしんなりしたら、サフランを浸しておいた白ワインと、海老(有頭付きの方が味がよくでるのでおすすめ!)、あさり、水を加えて一度煮たたせてから、蓋をして約10分ぐらい弱火で煮ます。
【ワンポイント!】途中数回、アクを取り除きましょう!。アクは材料の「渋み、えぐみ、臭み」のことなので、野菜などから出たまま調理をつづけると、渋味や苦味が出て味を悪くするだけでなく、魚のアクは特に風味を損ない、変色もするので、アクをとった方がおいしく仕上がります。

4
3

 

③にタラ(塩を少々ふって水分を取り除いておく)を加えて蓋をして、約2-3分蒸し煮をします。

2

 

④塩・こしょうで味を整えたら、セロリの葉をちらして、完成です。

%ef%bc%91
寒くなってくると、温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますね。

旬の野菜と魚介類たっぷり使った鍋を作ってみてください。心も体もぽかぽか美味しい料理を楽しんでくださいね!

(お好みの野菜を使ってみたり、味を調整して作ってみてください。)

野菜をもっとおいしくたのしく食べましょう!

あなたも大切な方へのお祝いに野菜ブーケを贈ってみませんか?
野菜を束ねてつくった野菜ブーケはこちら ▷ https://toyamayasai.stores.jp/items/57d137fc9821cc0a5d0009a0

IMG_8531

ベジィデザインでは、富山県で採れた

新鮮なオーガニック野菜などをベースにブーケを作り

全国にクール便でお届けしています。

あなたの大切な方の記念日などのお祝いに、

野菜ブーケをプレゼントしてみませんか?

数日飾ったあとは、料理して美味しく召し上がれます。

※下記のバナーをクリックしてオンラインストアをご覧ください。

IMG_8531