今が旬の白菜のとうだち菜は、さっと茹でて熱々を食べるととても甘くおいしいです。

通常白菜は、花を咲かせる前に野菜の収穫をしますが、遅く種をまき白菜を結球させずに栽培すると、2月初旬から白菜のとう立ち菜を収穫することができます。

 

▽白菜のとう立ち菜を真上から見たもの

 

▽白菜のとう立ち菜を真横から見たもの

 

▽白菜の花茎(かけい※花を咲かせるための茎)がのびています。先端は花の蕾(つぼみ)です。

 

▽花茎の下の方を持ち、はさみでカットして収穫します。

 

▽野菜の下処理を行ってから、野菜ブーケを作ります。

 

とう(薹)立ち菜とは・・・
野菜の成長は2つあります。自分の体を大きくする栄養成長と、タネを残すために花を咲かす生殖成長があります。

小松菜や白菜などの葉菜類は、この生殖成長が始まると葉は固くなり味がおちてくるため、花が咲く前の栄養成長のさなかに収穫します。

とう立ち菜や、ふきのとうのとうの(薹)とは、花を咲かせる「花茎(かけい)」のことで、それが伸びることを「とう立ち」と言います。

 

このブログで紹介している「白菜のとう立ち菜」は・・・

(野菜などの花茎が伸びて食用適期を過ぎて「薹が立った」ものとは違い、)秋から初冬に収穫する白菜の栽培とは違い、遅く種をまき白菜を結球させずに栽培すると、2月初旬から、とても美味しい「とう立ち菜」を収穫することができます。
これからの時期は、ハウスの中は、白菜の黄色の花が咲き始めキレイです。

 

あなたも野菜ブーケを大切な方へプレゼントしてみませんか?

この記事で紹介した野菜を束ねてつくった野菜ブーケはこちら
https://toyamayasai.stores.jp/items/585c331b10031575f500406d

IMG_8531

ベジィデザインでは、富山県で採れた

新鮮なオーガニック野菜などをベースにブーケを作り

全国にクール便でお届けしています。

あなたの大切な方の記念日などのお祝いに、

野菜ブーケをプレゼントしてみませんか?

数日飾ったあとは、料理して美味しく召し上がれます。

※下記のバナーをクリックしてオンラインストアをご覧ください。

IMG_8531