アーティーチョーク、カーボロネロ、ビーツ、ゼブラナス、コールラビ、ロメインレタス。これらは西洋野菜の名前です。

イタリアンレストランやバルなどで、口にしたことがあるという方もいらっしゃると思います。

また、種苗会社が販売している日本で作りやすい西洋野菜の種は、品種も増えてきて、家庭菜園を楽しむ方たちも西洋野菜の栽培している方が増えているようですね。

今年、初めて『アーティーチョーク』の栽培に挑戦します。

先日ビニールハウス内にアーティーチョークの苗を植えました。すくすくと育ってくれることを願い、毎日わくわくしています。

▽アーティーチョークの苗

アーティーチョークは、大きく育つと丈は2mを超すこともあるようです。また、食用として収穫をせずに栽培を続けると、初夏にはアザミに似た紅紫色の花を咲かせます。

すくすくと成長したら野菜ブーケに使用したいと思います。

 

▽アーティーチョーク(花の芯を食べる野菜)

アーティチョーク:キク科チョウセンアザミ属の多年草。(和名はチョウセンアザミ)
ヨーロッパやアメリカでは日常的に親しまれる野菜の一つのようですが、日本では一般的なスーパーなどに並ぶことはあまりなく、なじみが薄いかもしれませんね。この野菜はガクのつけ根とつぼみの部分を食べます。芯の部分「アーティチョーク・ハート」は軟らかくほくほくしてた食感で、ソラマメのような風味があります。

 

▽昨年、農家さんの畑で撮影したアーティーチョーク
葉っぱは深いぎざぎざが入り、鱗のようなガクの先にはトゲがあります。この野菜は本当に面白く魅力的な形状をしています。

 

珍しい野菜は少々お高いものもあるかもしれませんが、珍しい食材をとり入れることは食卓を楽しくしてくれますね。

今後、いろいろな野菜について、栄養やよく食べられている国での料理法などをご紹介していきます。

こちらのブログでは、野菜ブーケ、野菜レシピ、野菜の話、畑作業の様子などについて情報発信しています。これからもいろいろとご紹介していきますので、ぜひまたブログをご覧ください。

あなたも野菜ブーケを大切な方へプレゼントしてみませんか?

この記事で紹介した野菜を束ねてつくった野菜ブーケはこちら ▷
https://toyamayasai.stores.jp/items/585c331b10031575f500406d

IMG_8531

ベジィデザインでは、富山県で採れた

新鮮なオーガニック野菜などをベースにブーケを作り

全国にクール便でお届けしています。

あなたの大切な方の記念日などのお祝いに、

野菜ブーケをプレゼントしてみませんか?

数日飾ったあとは、料理して美味しく召し上がれます。

※下記のバナーをクリックしてオンラインストアをご覧ください。

IMG_8531