今回は、我が家の畑で無農薬栽培している「食用ホオズキ」をご紹介します。

ホオズキに食べられる品種があることをご存知でしょうか?

食用ホオズキはナス科ホオズキ属の多年草で、実を食べる野菜です。旬は6~7月です。

 

▽食用ホオズキ

 

 

ホオズキは日本では古くから観賞用の植物として栽培されてきました。ホオズキを食べる習慣は日本では少ないですが、ヨーロッパでは食用として栽培され、中の丸い実を食べるのですが、古くからホオズキは、ジャム、サラダ、付け合せなど様々な料理に利用される一般的な野菜です。

 

▽我が家の畑で無農薬栽培している「食用ホオズキ」

 

 

 

 

 

 

▽実を包んでいる殻は手で簡単に破ることができ、中に丸い実が1個入っています。

 

 

▽実は1.5~2㎝の球形で、黄オレンジ色で艶があり、皮はミニトマトより柔らかいです。(熟していない実は緑色です。)

 

 

▽実をかじると、中には小さくて白い種が無数に入っていますが、食べた時に口に残る感じはありません。なんとも言えない美味しさです。

 

 

▽トマトよりもやわらい食感から、別名「ストロベリートマト」とも呼ばれています。日本でもここ数年、珍しいフルーツとして徐々に知られるようになり、今の時期は野菜直売所に並んでいることが多いです。
我が家では、食用ホオズキを収穫したらすぐに実だけを取り出し冷蔵庫で冷やして、おやつ代わりによく食べています。

 

 

▽食用ホオズキのガクは一般的な観賞用ホオズキのような果実を包む殻は赤くはなく、枯れた感じでカサカサしています。

 

野菜ブーケに食用ホオズキを加えることがあります。こちらのブログでご紹介しています。http://veggydesign.jp/blog/post7964.html

 

あなたも野菜ブーケを大切な方へプレゼントしてみませんか?

一番人気のある野菜ブーケはこちら▽
https://toyamayasai.stores.jp/items/585c331b10031575f500406d

IMG_8531

ベジィデザインでは、富山県で採れた

新鮮なオーガニック野菜などをベースにブーケを作り

全国にクール便でお届けしています。

あなたの大切な方の記念日などのお祝いに、

野菜ブーケをプレゼントしてみませんか?

数日飾ったあとは、料理して美味しく召し上がれます。

※下記のバナーをクリックしてオンラインストアをご覧ください。

IMG_8531